9月16日(土)常任幹事会を開催いたしました。

芝代表より、前原新代表就任後の党本部の現状報告について説明がありました。

その後各担当より活動報告の後、次期衆院選についての取り組みや地方自治体議員選挙における公認・推薦について協議しました。



99日(土)第4回政治スクールみえを開催いたしました。

今回は公開講座とし、一般の方にもたくさんご参加いただきました。
同志社大学大学院教授の浜矩子さんを講師にお迎えし、「今、阻止すべきものは何か?~反グローバルの落とし穴~」のテーマでご講演いただきました。

講演後、塾生はグループに分かれ活発に意見交換しました。



9月9日(土)津市内にて三重県連地方自治体議員フォーラム役員会を開催いたしました。

会議では、総会の打合せと議員フォーラムとしての今後の活動方針について協議しました。

9月3日(日)、4日(月)都内で民進党「女性議員ネットワーク会議」総会・研修会が開催されました。

 

三重県からは、小島智子県議他5名が参加し、全国の女性議員と意見交換しました。

 

前原代表は「代表としての初仕事が女性議員ネットワークということで、本当にうれしく思っている。」と述べ、その上で、党が掲げている女性議員倍増の方針を自らの執行部でも引き継いで進めていくと表明いたしました。2年後の統一地方自治体選挙に向け「具体的な支援をどうしたら良いか、しっかり皆さんのご要望を承りながら、取り組ませていただきたい。この日本は、先進国の中でも、あるいは全世界の中でも女性議員が少ない。これを絶対解消していく。その先頭に立つのが民進党だ」とあいさつしました。

 

続いて、「2017年度重点施策と行動計画」「2017年総会アピール」を提案し、採択しました。また、「男女平等参画に関する要望書」を各ブロックの世話人から前原代表に手渡しました。

 

また、党男女共同参画推進本部長の神本美恵子参院議員は、前原代表に対し、党規約にもある男女共同参画社会の実現を目指すため、バランスが取れた配置を念頭に置いて新体制を作るよう要望し、候補者擁立や運動方針決定の際に一定数女性が加わるために、数値目標を決め都道府県連など地方組織の女性役員を増やす取り組みを行うよう出席者に呼びかけました。

 

そして最後に、「統一自治体選挙に向けて、候補擁立と当選に向けた運動に皆さんが全力を尽くされること、それに党本部もしっかりと支援をしていく」と話しました。

 


 

 






8月26日(土)四日市市にて常任幹事会と代表選挙東海ブロック討論会を開催いたしました。

常任幹事会では、総支部・各担当からの報告をはじめ、代表選挙についての連絡や今後の地方自治体選挙協議、新設した委員会への参画などについて協議しました。

また、民進党代表選挙の東海ブロック候補者討論集会では、約400人の自治体議員や党員・サポーターを集めて開かれました。全国6カ所目となる討論集会で、参加者の真剣な質問に、答える前原誠司、枝野幸男両候補の言葉にもしばしば力がこもりました。

枝野候補は「4年半経ってもこうして私たちに期待してがんばっていただいている皆さんがいる。自信を持って前に進んでいきたい。自分たちでだめだだめだと言っている人に期待してくれるはずがない。厳しいがこうして地域でがんばっている皆さんがたくさんいる。自信を持って、支えていただいている皆さんの力を持ち寄っていただけるようなリーダーとしてこの党を立て直していく」と述べ。

前原候補は「マスコミではリベラル対保守だと言われているが、ばかげている。枝野さんとて、今の状況なら日米同盟は必要だと言うだろう。私の、支え合い、皆が皆で不安をなくして希望を紡いでいくという考え方は社会民主主義を強化すること。これをリベラルと言わずして何をリベラルと言うのか。この党をまとめるには、疑心暗鬼になってはいけない。お互いが信じること、まとまり合うことが大事だ。包容力を持ってまとめるリーダーになる」と述べました。





民進党

新政みえ

連合三重

民進党 三重県総支部連合会フェイスブック

民進党 三重県総支部連合会リンク用バナーはこちら

〒514-0004 三重県津市栄町2丁目311 アシオビル
TEL:059-222-1234 FAX:059-222-1233